康井精機の独自技術

高温熱処理

国内屈指の規模のキュア炉やアニール炉、工業製品用としては業界初となる過熱蒸気乾燥炉を保有。専門の技術者のサポートのもと、テストから委託生産まで幅広く対応することが可能です。

アニール処理

樹脂フィルムの“ひずみ”を除去

アニール処理とは、結晶性樹脂フィルムの “ひずみ”を熱処理によって除去する方法。アニール処理を施すことで分子が完全に結晶化・固定化され、寸法精度が安定します。 例えば、PETフィルムをアニール処理することで、熱収縮によるシワやスクラッチ傷等のない、フラットな状態を維持することができます。

<主要業務>

国内屈指の規模のアニール炉やキュア炉を試作テストや委託生産にご利用いただけます。

IN-1700

IN_1700_01
IN_1700_02
IN_700_01

1650mm幅フィルムまでアニール処理が行える受託加工専用マシン。塗膜塗工用ヘッド、マイクログラビア装置を搭載しており、コーティングと同時にアニール処理を行えます。

・高透明(>89%)、 高抵抗(150Ω)

・熱収縮率、平面性

・50μm: <0.3%@150°C×30min

IN_700_01
<用途>
  • ・タッチパネル
  • ・太陽電池バックシート
  • ・フレキシブル有機薄膜太陽電池
<開発事例>
  • ・ITO結晶化
  • ・PET/PENフィルムのアニール処理

IN-700

IN_700_01
IN_700_02

金属箔、ポリイミド樹脂、耐熱性樹脂を対象にしたアニール炉とキュア炉を設置。耐熱樹脂塗工とキュア処理を同時に行うことも可能です。

・低CTE<20ppm

・カール抑制

・生産性向上

<用途>
  • ・ガラス代替
  • ・フレキシブル回路基板
<開発事例>
  • ・透明PIの単膜成型
  • ・銅張積層版のキャスティング加工

IN-300

IN_700_01

2パージ、400℃雰囲気のキュア炉とコーティング、200℃乾燥 (4.5m) を連続して行うことが可能。ポリイミド樹脂など、耐熱性を要する樹脂を対象にしている開発用試作機です。

・低CTE<20ppm

・カール抑制

・生産性向上

<用途>
  • ・ガラス代替
  • ・フレキシブル回路基板
<開発事例>
  • ・透明PIの単膜成型
  • ・銅張積層版のキャスティング加工

過熱蒸気乾燥炉

【特許取得】業界初の次世代型乾燥炉

水蒸気をさらに過熱した「過熱水蒸気」を用いた、康井精機オリジナルの画期的な乾燥炉。環境にやさしく、効率性にも優れています。ライン速度の向上や乾燥炉長の短縮など、生産効率アップに貢献します。

◆排気処理は不要で環境にやさしい

不活性ガスを使用しないので、排気処理の必要がなく、環境への影響がほとんどありません。

◆無酸素状態により酸化を防止

過熱水蒸気が充満した炉内は無酸素状態ですので、金属膜などの酸化を防ぐことができます。

◆高い熱含量で乾燥効率アップ

過熱水蒸気は熱含量が高く、従来の3倍以上の乾燥効率を発揮。生産性の向上が期待できます。
IN_700_01

<主要業務>

大村研究所でデモ機をご利用いただけます。

ロールtoロール用過熱蒸気炉付きコーティングマシン

ロールtoロール用過熱蒸気炉付きコーティングマシン
ロールtoロール用過熱蒸気炉付きコーティングマシン

ロールtoロール用過熱蒸気炉付きコーティングマシン 高効率乾燥炉として期待できる「過熱蒸気炉」を組み込んだテスト用コーティングマシン。
※コーティング用乾燥炉の複合材料シート製造機として特許取得

・処理幅:320mm

・速度:50m/min

・過熱蒸気温度:Max450°C

・マイクログラビアヘッド、ナイフヘッド付き

<用途>
  • ・フレキシブル回路
  • ・コンデンサー
  • ・LiB
<開発事例>
  • ・銅ペーストを使用した銅箔成型
  • ・セラミックシート成型
  • ・バッテリー正極/負極

トップに戻る